株式会社NTT データ

サービスイメージ

  • サービス提供事業者

    ソーシャルメディア関連のサービスを提供する企業(コンサルティング会社、リサーチ会社、CRM・BI・テキストマイニング等のツールベンダー、リスクモニタリング会社、コールセンター、広告代理店、クリエイティブエージェンシー、システムインテグレーター)など

    利用イメージ

    各事業者のソーシャルメディア分析サービスに本サービスを組み込むことで、公開APIの制限を超えたより付加価値の高いサービス(ツール・分析サービス)が提供可能となります。

  • ユーザー企業

    Twitter情報を活用して分析を行う企業(主にBtoC向けメーカー、小売・流通、銀行、証券等)、研究機関(研究所、大学等)など

    利用イメージ

    自社・競合の商品に関するツイートデータを入手して分析することで、マーケットリサーチ、商品開発、風評検知に活かすことが可能となります。また、自社のリサーチシステムやCRMシステム、BI/BAシステムにツイートデータを直接取り込んで分析することが可能となり、自社データとTwitterデータを直接組み合わせたより深い情報分析が可能となります。

  • ファーストユーザーとして、リクルートグループへ導入!!

    リクルートグループは、かねてより各Webサイトでの更なる顧客満足の向上・売上向上を目的として、アクセスログ等を中心としたビッグデータの分析を推進してきました。

    今回、その取り組みにTwitter情報の分析を加えることで、Twitterデータの特徴である市場からのリアルタイムな情報収集や、ユーザーの志向性をより詳細に分析することが可能となります。

    これにより、ブランドモニタリングのリアルタイム化、サイトに対する顧客意見の収集・反映による顧客満足度の向上、顧客クラスタリング分析等による、より精緻な市場調査・顧客セグメンテーションとアプローチが可能となり、競合差別化・顧客満足度向上・収益性向上などの効果が期待されます。